新年を迎えるまでに買い替えたいもの【私が調べたおすすめシリーズ】フライパン編

ライフスタイル

 

我が家では今まで安いテフロン加工のフライパンを使用していました。
ですが、主人が料理をするときに火力を加減してくれるわけでもなく、買い替えも必須なテフロン加工のフライパンをやめたいなぁなんて思ったりしています。
今回は、私が購入を検討している鉄・ステンレス製のおすすめフライパンをご紹介致します。

 

それぞれのフライパンについて

 
今回紹介する鉄製・ステンレス製のフライパンは一般的に「使い方が難しい」や「お手入れに手間がかかる」と言われている材質のフライパンです。
ですが、買い替えの手間が省けたり上手に使えば一生ものなのでややお値段の張るものでもほとんど元をとることができるのでこだわって購入することができるところが今回私が注目したポイントです。
鉄製・ステンレス製各々に特徴があるのでご紹介いたします。

(鉄とステンレスは基本的に料理を選ばずオールマイティというのを前提にお話しいたします。)

 

鉄製フライパンの特徴

 

鉄 フライパン
出典:photoac

鉄のフライパンは上手に使えば一生モノのフライパン。油慣らしをしたり、お手入れにやや手間がかかるのですが長く丁寧に愛用して育てていくものになります。
毎日使用するキッチンツールなので、愛着の湧く物がいいなあと思うので鉄フライパンは1つ必ず買いたいと思っております。

 

ステンレス製フライパンの特徴

 

ステンレス フライパン
出典:pixabay

ステンレス製のフライパンはほぼ鉄製のものと同じようにオールマイティに使用できますが、お手入れ方法が鉄よりも簡単なところがポイント。油慣らし等のお手入れは必要なくカリッとした焼き上がりに仕上げてくれます。ただ、使い方を間違うとこびりつきや焦げグセがついてしまうので注意が必要な素材ですね。

 

私が検討しているおすすめのフライパン

 
年明けまでに新しいフライパンに買い替えたいと思っているので現在フライパンについてたくさん調べております。
私なりに調べて購入を検討しているものをご紹介いたします。

 

デバイヤー 鉄フライパン26cm

 

鉄製フライパンの中ではお手頃な価格のデバイヤーのフライパン。
シンプルなデザインでSNSで調べたときに使用者が多いことから安心感があり購入検討リストに入っています。
キャンプ等アウトドア好きさん達からも人気の高いフライパンですが、お値段・見た目・サイズ感がぴったりで今のところ1番気になってはいます。
ですが、取っ手の部分と本体部分のつなぎ目が無いと嬉しいなぁと思ってしまいました。

 

ターク クラシックフライパン26cm

 

こちらのフライパンは私が先程デバイヤーのデメリットとしてあげた「つなぎ目部分」のことをクリアした高品質な鉄製フライパン。
1枚の鉄かた打ち出したフライパンなので、つなぎ目がないようですね。
ですが、お値段が2倍以上になっています。
お値段相応の品質だと思いますが、我が家では多分購入許可が降りないかと思います。
ですが、夢は捨てきれず検討リストに入っています。

 

ジオ・プロダクト ソテーパン25cm

 

こちらはステンレスのソテーパンですが、ソテーパンとしても普通のフライパンとしても使用できると思うので購入検討中です。
ステンレス製フライパンはお値段が高めのものが多いですが、ジオ・プロダクトのものはその中でも比較的手が出しやすい価格なところがポイントです。

 

フィスラー フライパンクリスピープレミアム26cm

 

プロの方も愛用する美しく上質なステンレスフライパン、フィスラー。ステンレスの圧力鍋がとても人気のある商品ですよね。
底面が凸凹になっていてカリッとした食感に焼きあがるのがポイントです。
とても高品質なフライパンですが、こちらも我が家で購入するなら会議が必要かと思われます。(笑)

追記

鉄製フライパン、26cm「デバイヤー」を購入しました!使う前の油ならし・使い方について
そのままテーブルに並べることもできるスキレッ...

色々悩みましたが、結局デバイヤーのフライパンを購入いたしました。
油ならしや使い方についてまとめましたので是非チェックしてみてください!

 

お財布と相談しながらご家庭に合ったフライパンを

 
実際、高品質でも購入するのが難しいものってありますよね。
我が家でもやはり高すぎる価格のフライパンはさすがに相談しないと無理そうですね。
ジオのステンレスフライパンとデバイヤーのフライパン辺りが我が家にはぴったりなので前向きにその2つを主人にプレゼンしたいと思っております。
主人も料理を作るので、お互いに使いやすい納得の行くものを購入したいと思っております。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました