我が家のクリスマスディナー!お手軽簡単な炊飯器ローストビーフの作り方をご紹介!

ライフスタイル

 
みなさんはクリスマスはどう過ごされましたか?
我が家は毎年クリスマスはお家でディナーを作っています。
今回は少し遅くなってしまいましたが、クリスマスディナーと作り方をご紹介いたします。

 

メインディッシュはローストビーフ

 
炊飯器 ローストビーフ 簡単 作り方 クリスマス

今年のクリスマスディナーのメインはローストビーフでした。
サラダはカット野菜を購入してきたので、ただお皿に乗せただけです。
今回のメインのローストビーフの作り方をご紹介いたします。
我が家は炊飯器で作るお手軽なローストビーフなので誰でも挑戦しやすいですよ。

 

ローストビーフの作り方

 

材料

  • 牛ロースブロック 450g
  • 塩こしょう 適量
  • にんにく 少々

 

作り方

 
まずブロック肉を取り出してキッチンペーパーで水気を吸収します。
全体の水分がある程度取れたら、全面に塩胡椒を気持ち濃いめで擦り込む。
すり込んだ後にこちらも全面に行き渡るようににんにく(チューブ)をすり込み、10分程度置いておきます。(この時、キッチンペーパー等でブロック肉を包んでおくと味がなじみやすくなります。)

10分経ったら、フライパンをしっかりと温めます。
この時しっかりとフライパンを温めておくと綺麗な焼き目をつけられるのでポイントです!

温まったら油を適量ひいて、ブロック肉を焼いていきます。
大体、1つの面10秒程度で全面に焼き目を付けていきます。
焼き目をつけるタイミングでお湯を沸かしておくと作業がスムーズに進むのでオススメです!(お湯の量は炊飯器いっぱいです。)

全面焼き色をつけたブロック肉を火から上げて、粗熱をとります。
粗熱が取れたら、ジッパーバッグに2重にして入れます。
この時、中の空気はしっかりと抜いておきましょう!

ブロック肉をジッパーバッグに包んだまま炊飯器の中に入れます。
ここで、先程沸かしたお湯を炊飯器に注ぎブロック肉がしっかりと浸かるところまで入れます。
炊飯器を閉めて、保温ボタンを押し大体40分から1時間程度放置します。
(肉のサイズに合わせて時間の調節が必要です。)

じっくりと低温調理が完了したら粗熱をとってそのまま一晩冷蔵庫で寝かせます。
一晩寝かせることで味が馴染んで美味しいローストビーフになりますよ!
当日でも食べられますが、一晩置いた方が切りやすくもなるので、前日準備がおすすめです。

お弁当の作り置きは冷凍で!朝のお弁当作りを10分で終わらせる方法
ご主人やお子様のお弁当作りで毎日大変な主婦のあなたに...

 

クリスマスケーキはザッハトルテ

 
クリスマス ザッハトルテ

手前の部分は娘が触ってしまったため変な跡が、、、!

今年のクリスマスケーキはザッハトルテにしました。
ですが!私は体調が悪くなってしまったためクリスマス当日には食べれませんでした。

以上が大人用のクリスマスディナーとケーキでした!
娘のものは別で作ってしっかりと完食していただきました。

 

イベントごとにおすすめなローストビーフ

 
クリスマスだけではなく、来客の時やお誕生日などでもローストビーフは豪華な雰囲気になるのでいいですよね!
我が家でもクリスマス以外に主人の誕生日でも作ります。
ただ、娘にはまだ低温調理や生物のご飯を食べさせていないので別でご飯を用意する手間がかかってしまいます。
でも、喜んでもらえるので作ってしまいますよね。(笑)

基本は放置で作れてしまうローストビーフは一見手の込んだ料理に見えるので見栄えがしてどんなタイミングでも出しやすいですよ!
 
是非炊飯器で作るお手軽なローストビーフ、試してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました