インテリアの「統一感」を意識すると清潔感がUPする!?

掃除

 

掃除も片付けもしているのになぜか家の中が雑多な雰囲気…。
なんだか綺麗になった感じがしない!という方はインテリアに「統一感」を出すといいですよ。
これから引っ越しを控えている方、家の模様替えをしたいと思っている方の参考になれれば幸いです。

 

インテリアに「統一感」を出す方法

 

インテリアに統一感を出すには、5つのポイントを抑えて家具を選んだり配置することが大事です。

 

  1. 1部屋にカラーは3色~5色くらいで抑える
  2. 家具の色を統一する
  3. 差し色になるアイテムは1番最後に考える
  4. 目隠しアイテムを利用する
  5. 家具の高さは他の家具とのバランスを取りながら

家具を今から揃える人はこの5つに注意しながら家具を考えていきましょう。
家具は買い換えずに統一感を出したい!という方は、1と3と4を見直していきましょう。

 

1.1部屋にカラーは3~5色くらいに抑える

どんなにお洒落なアイテムを沢山購入しても、テイストやカラーがばらばらではサマになりません。
1部屋(1度で視界に入る分)のカラーは3カラー~5カラーが望ましいです。
あまりに色々な色が視界に入ってくると、落ち着かないし圧迫感もありますよね。
このカラーは基本となるカラーで、アクセントカラーは別でカウントするので今の時点ではシンプルに統一感を出したい部屋のメインカラーを考えるのがおすすめです。

ちなみにわが家のメインカラーは「ブラウン」です。
ブラウンがメインなので、ホワイト・ベージュ・メープル・ブラウン辺りのカラーをメインにしております。

 

2.家具の色を統一する

 

家具を今から購入する方は、TVボードやダイニング等色々な家具を購入すると思いますが先程1で考えたメインカラーから家具を選ぶのがおすすめです。
その中でも濃淡があると思いますので、「ここは明るい色がいい!」とか家の間取りから選んでいくのが良いと思いますよ。

 

3.差し色になるカラー(アクセントカラー)は1番最後に考える

 

 

これ実はとても重要なポイントです。
家具屋さんに行くと、お洒落な家具がずらりと並んでいるため「あれもいい!」「これもいい!」となってしまいがち。
せっかくメインカラーを決めたのに、アクセントカラーに!と色々購入してしまうとアクセントではなく、メインカラーになってきてしまいます。
なので、90%くらいインテリアが完成してからアクセントカラーやアイテムはゆっくりと選びましょう。

 

4.目隠しアイテムを利用する

 

 

キッチン周りなんかは、調味料や食材もあるのでカラーを抑えることは難しいですよね。
そんな時は「目隠しアイテム」を利用するのがおすすめ!
ストレージボックスや書類ケース等、統一感のあるアイテムが今はお手頃な価格で手に入るので、お好みのアイテムを使用することができますよ。

100均や無印良品、ニトリやIKEAでも収納ケースは沢山販売されているので是非チェックしてみてくださいね!

 

5.家具の高さは他の家具とのバランスを取りながら

 

 

インテリアを考える上で、スッキリ広々とした部屋に魅せるポイントは「壁紙(白)を多くみせること
だからと言って壁面収納やハイチェストを置いてはいけないわけではありません。
置く場合、なるべく圧迫感のないカラーで高さのある家具ばかりをチョイスしなければOKです。

わが家では、高さのある家具はホワイト・メープル、高さのない家具はブラウンを使用しているので然程圧迫感は感じないかと思われます。

北欧家具が多数揃ったインテリアショップ!



 

家具は簡単に変えられないから

家具は1度購入してしまうと、捨てるのも面倒なので何年か使用することになりますよね。
なので、是非適当にではなくこだわって購入してほしいなぁと思います。
インテリアも十分「帰りたくなる家」の条件に入ってくると思うので、是非検討してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました