「掃除脳」になると汚れやゴミに気づくようになる?!掃除嫌いの私が掃除好きになったきっかけ

掃除脳になるとゴミが気になる掃除

 

前回、掃除をする理由や簡単な掃除方法をご紹介しました。
今回は前回の続きで、「掃除脳になると汚れやゴミが気になるようになる」というお話しをさせていただきます。
前回ご紹介した方法の復習からスタートしていきましょう。

片付けや掃除が苦手な人必見!私的「掃除脳」になる方法
掃除や片付けってわかっていても後回しになりがちじゃな...

 

最初にできる掃除のポイント3つ

 

前回ご紹介したポイントは3つ

 

  • フローリングの上に物を置かない
  • 使ったものは元の場所へ戻す
  • 定期的な掃除が必要になるものは使用しない

でしたね。

この3つをスタートさせただけでも掃除機がかけやすくなったり、物をなくす事が減ったのではないでしょうか。

今回は、前回のポイントに加えてさらに3つのポイントをご紹介します。

 

1.家具類などをすべて使える(使いやすい)状態にする

文字で見るとよくわからないかもしれませんが、例えばダイニングテーブル
テーブルの上に物は置いてありませんか?
もしくは、テーブルの端に雑誌や書類等が積み重なってはいないでしょうか。
部屋と一緒で隅に寄せるというのは片付けになりません。
端に寄せていたものを1つづつ確認して元の場所・捨てる等していきましょう。
わが家では、使用頻度の問題でノートPCのみダイニングテーブルに置いてありますが、その他は絶対に物を起きません。

なぜかというと、ダイニングテーブルは家族でご飯を食べる場所であったり、談笑する場所だと思うからです。
基本的にはものを置かずに、家族がご飯を食べるためのテーブルだと考えております。

ですが、わが家のように「どうしてもノートPCだけは!」とかがあってもしょうがないと思うので、最低限食事をとることができるくらいのスペースをあけましょう。

 

2.棚や収納に詰め込みすぎない・上に積まない

これ、結構やっちゃいますよね~笑
「あとで片付けよう!」と上に積んでしまったり、いちいち綺麗に収納するのが面倒で綺麗に収納を使わなかったり。
ズボラさんあるあるだと思います。
でも、これすごく埃が溜まるし収納が乱雑だとストック等の把握ができなくて無駄な買い物をしてしまう原因になったりするんですよ。

賃貸の方なんかはカラーボックスを持っている方も多いと思いますが、カラーボックスの上ってものが置けるスペースが有って何かと置きがちですよね。笑
上に置いてあったものはすべて元の場所へ戻し、収納は綺麗に入りきるだけの量に調節しましょう。
私はストック否定派ではないので、わが家でもストックはしていますが把握できる量(収納に入る量)だけのストックにしています。
収納からはみ出る量ある場合は持ちすぎです。収納の見直しをしていきましょう。

 

3.家具や物の配置は普段の動線を意識して

家事動線は主婦であるあなたが一番理解していますよね。
その動線を邪魔するようなアイテムがあるのならば、一度見直しをすることをおすすめします。
いちいち面倒な動きをしなければならないとなると、家事・掃除すべてが面倒になりやすいです。
家具だけではなく、小物なんかの位置も意識すると家事のし易いお家に生まれ変わるかもしれませんよ!

 

「隙間」を感じる部屋になったら掃除脳まであと少し!

家の中ぎゅうぎゅうに詰め込まれている状態よりも「隙間」を感じるような家だと今まで見えなかったものが見えてきませんか?

今まで物を積んでいて気づかなかった汚れや埃、結構ありませんか?
使えるようになったテーブル、結構汚れてませんか?
いいんです!今汚れやゴミに気づいたのならラッキーです!
綺麗な部屋になるためには少しづつ確実に進めていくのがポイントです。
まず何より「家の現状を把握すること」が一番大事です。
これが片付けリバウンドしないポイントでもあるので、しっかりと現状を受け止めていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました