こだわりのフライパンで毎日美味しく。デバイヤーの鉄フライパンがおすすめだよって話。

ライフスタイル

 

私、キッチンアイテム大好きマンなのですがここ最近買った中でもやっぱりおすすめしたい「デバイヤーの鉄フライパン」。
鉄フライパンは重い・扱いにくい・手入れが面倒と、ネガティブなイメージが多いですよね。

でも、そのネガティブなイメージがそのまま愛着ポイントになるんです。
私は重くて扱いにくいこのデバイヤーのフライパンを毎日愛用しています。

 

我が家のデバイヤー 鉄フライパン

 

実は以前記事にもしていますが、去年末に購入したばかりのフライパン。
毎日使用していますが、とてもお気に入り!
今ではテフロン加工のフライパンはほとんど出番なしです。
私がデバイヤーのフライパンをおすすめするポイントを解説します。

 

1.鉄フライパンの中でお手頃!

 
鉄フライパンを調べると、どれも比較的お値段が高め。
その中でもデバイヤーのフライパンは価格が安いところがおすすめポイント。
初めての鉄フライパンだとちゃんとお手入れできるか不安だったりしますよね?
高いものを購入すると、上手く使えなかった時のがっかり感が強くなります。
私はとにかく「鉄フライパンが欲しい!」と思っていたので、まずはお手頃なデバイヤーを。と購入しました。

実際はお値段以上!とってもお気に入りのアイテムになりました。笑

 

2.オール熱源利用可能!長く使用できる

 
今住んでる家では「ガス火」を使用していますが、賃貸なのでいつか引っ越しをした時・家を購入した時にIHでも対応できる鉄フライパンを探していました。
デバイヤーのフライパンはIHでも使用可能なのを知り、更にデバイヤーはいいなと思った次第です。

IHでもガス火でも使用可能だからこそ、底部分が厚手になっていて全体の重さがあるようです。
主人でも、デバイヤーのフライパンは振るのは大変!と言っていました。

 

3.上手に使用すれば一生モノ!

 
オール熱源利用可能なところも長く使用できるポイントですが、そもそも鉄はとても硬いので内面を洗う時にステンレスたわしを使用しても傷が付きません。
万が一食材がこびりついてしまってもガシガシと洗うことができるので、私的にテフロンよりもストレスが少ないです。

油慣らしや日頃のお手入れをしっかりと行っていればずっと使えて、こびりつきにくくなるフライパンなので、「育てるフライパン」とも言われていますよね。

 

実際に使用した感想

 
お気に入り過ぎて毎日使用しています!
鉄フライパンを使用するポイントは

 

  • 使用の際はしっかりと温めてから使用する
  • 油をしっかりとなじませる
  • 使用後はなるべく早く洗う(洗剤不可)
  • 加熱して水分を飛ばす
  • 油を塗って置く

 
この5つを忘れずに行えば、フライパンをだめにしてしまうことはありませんよ。

特に肉料理・餃子・揚げ物では、鉄フライパンの使用がおすすめ!
外はカリカリ、中はジューシーに仕上がるのでいつものご飯が格段に美味しくなります!

 

マイナスな面も「良さ」と感じる

 
重い・扱いにくい・手入れが面倒
この3点も、使用しているうちに鉄フライパンの良さと感じるようになりました。
女性は、流石にフライパンを振ることはできないと思いますがフライパンを振らなくても料理はできますからね。
ふらないことに慣れてしまえばなんてことありません。

手入れも、毎日やっていると愛着の沸く作業の一つ。
今日の手入れが、先々に生きてくると思うと数年後のこのフライパンはどんな姿なのだろうと思ったりもします。

鉄フライパンがなんだか難しそうで購入を迷っている方は、是非デバイヤーのフライパンがおすすめですよ!

以前書いた記事にお手入れ方法もご紹介しているのでこちらも合わせて読んでいただけたら幸いです。

鉄製フライパン、26cm「デバイヤー」を購入しました!使う前の油ならし・使い方について
そのままテーブルに並べることもできるスキレッ...

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました