「自分」と向き合う大切さ。アラサーになって考え直したこと。

30代からの生き方 ママと子育て

20代前半までは正直自分の価値観に自信もないし、人から影響されることで刺激を得た時期でした。
影響されて始めたことはいつしかやらなくなり、自分が納得して始めたことだけ現在も続いている。なんて事ありません?
私自身そうなんですよね。人からの影響を受けやすいタイプです。
影響や刺激を受けることはとてもいいことです。ですが、その中に「自分」を存在させる事ってこれから30代になる私に必要なのではないかな?と思いました。
影響を受けやすい・自分の気持ちの整理してみませんか?

人からの目も自分からの目も大事

人と関わって行く以上、「人の目」というのは無かったことにできませんよね。
私は以前から過剰に人の目を気にする傾向があります。
それが自分の病気へと繋がっていると思うのですが、だからといって人の目を気にしないようにする。なんてできないのです。
そこで私が考えた「私の存在」を整理してみます。

1.自分の目を気にする

「人の目を気にする」傾向があるなら「自分の目も気にする」ようにしてみようと。
自分からのSOS、自分が嫌だと思うこと、今まで人の目として気にしていたことを自分にも向けてみたら何かが変わるかな?と思いました。

難しく遠回りな言い方かもしれませんが、簡単に言えば「無理しない」ってことですね。

2.「自分」を確立する

好みや思考の事です。
好みや思考は日々変わるもの。それでも、変わらない事ってありますよね。
でも、「私、普段こういう事しないからいきなりこんな事したら引かれてしまうかも」となかなかオープンにできないものもありますよね。
あとは、私のように人の目を意識し過ぎて「私のイメージ」を私が勝手に先回りして作り上げてしまう。なんて人も同じようにいるかもしれません。

このブログでいえば、私はシンプルでナチュラルなものが好きそうな人と位置づけされるのかな?と思います。
でも実際はそんな事なく、確かにシンプルなものは好きですがナチュラル派ではないのですよね。
ファッションも、リネンやコットンなんかの天然素材は1枚も持ち合わせておりません。笑

容姿でいえば、私は主人から「ギャル扱い」されてます。私自身はあまり嬉しくありません。
じゃあどう見られたい?となると「年相応の大人」としか回答できませんでした。
ギャルがダメなわけではありません。ただ、私は自分自身のブランディングがイマイチ上手くできていないという事に不甲斐なさを感じましたね。

3.自己プロデュース力

先ほどお話しした「自分自身のブランディング」についてです。
私という人間はどんなコンセプトのもと生活や思考を巡らせているのだろう。

これについては、私はこのためにブログを立ち上げたと言ってもいいと思います。
ブログを更新して行くうちに、たくさんのカテゴリーの中でも偏りが出てきます。
その偏りこそが私の大事にしている事だったり、好きな事。
そして何より、人と共有したい事。
ここについてはまだまだ模索中ではありますが、少しだけ分かってきたような気がします。

【ノート活用術】PDCAノートやりながら把握しておきたい日頃の自分
PDCAノートで結果を出す人間になりたい!そう思って...

4.ママの顔と女性の顔

これは日頃悩んでいる最大の問題です。
ママと女性を行き来するのは本当に大変です。
出来るところまで、私は主人とは「夫婦」ではなく「彼氏彼女」でいたいと思っています。
もちろん、ママの時は「夫婦」ですが。
なかなかそんな時間はとれませんが、2人でいられる時間を女性らしく振る舞いたいんですよね。
いつまでも女性でおられる方々、本当に尊敬します。

前向きに30代を迎えたい

色々考えましたが、私は前向きな気持ちで30代を迎えられたらいいなと思いました。
「私の30代」と胸張って言えるのが30代最後までの目標です。
娘も大きくなりますし、私も日々精進していかないと!と思わされます。

私の思い描く大人像や母親像は、実母なのですが私も娘からそう思われるような人間になりたいですね。

おしゃれなママは何が違う?!おしゃれに見えるコツは「清潔感」
街で見かけるおしゃれなママさんたちに憧れた事はありませんか?...

コメント

タイトルとURLをコピーしました