ダイソーのモノトーンスポンジ2種類の使い心地をご紹介!

ダイソーのアクリルモノトーンスポンジ ライフスタイル

 

モノトーンアイテムには目がない私。ダイソーのスポンジがシンプルでとても気に入って使用していました。
いつもはモノトーンのハードスポンジを購入していたのですが、今回からアクリルニットのスポンジを購入してみようと思って購入してきました。
ダイソーで販売されている2種類のモノトーンスポンジを試したのでよかったら参考にしてみてくださいね。

 

ダイソー アクリルニットクリーナー

 

ダイソー アクリルニットクリーナー スポンジ

 

こちらが今回購入してきたモノトーンスポンジです。
スポンジの表面にアクリルニットが被せてあるタイプのものです。
アクリルニットはこびりついた汚れを落とすのにピッタリな繊維で鍋やシンク洗いに使いやすいスポンジです。

 

ダイソー アクリルニットクリーナー スポンジ

 

こちらは2個入りです。
量は以前使用していたものの方が2倍数なので多いですが、耐久性はこちらのが良いです。
ただ、もう1つのハードスポンジは研磨剤が入っているスポンジなのでガシガシと洗いたい!という方にはアクリルニットスポンジはあまり向いていないかもしれません。
私は普段鉄フライパンを使用するのでスポンジとは別にたわしを用意しているので耐久性が高いこちらのスポンジのが使い勝手が良さそうです。

スポンサーリンク

ダイソー 研磨剤入りハードスポンジ

 

ダイソー スポンジ 研磨剤入り ハードスポンジ

※写真右のスポンジはkeyucaのものです。今回の比較には関係ありません。

 

こちらのスポンジはモノトーンですがグレーカラーも入っています。
4個入りで表は研磨剤入りのハードスポンジ裏は気泡粗めな柔らかいスポンジになっております。
私は基本表の研磨剤入り部分しか使用していません。
鍋にこびりついた汚れを気持ちよくこそげ取ってくれます。

KEYUCAにモノトーンスポンジ!モノトーンキッチンにピッタリ!
以前、キッチン用スポンジで亀の子スポンジをおすすめしていたか...

 

ダイソー ハードスポンジ モノトーン

 

ですが、こちらのスポンジはハードスポンジ部分が結構固くて馴染むまでにスポンジ本体部分からハードスポンジが外れやすいのがデメリット。
外れやすいとわかって使用しているので気をつけて使用していますが、主人が洗い物をやったあとは大体ハードスポンジ部分が剥がれそうになってしまっています。笑
スポンジがへたる前にハードスポンジ部分が剥がれてしまう事が多く、1ヶ月も持たない事がしばしば。

スポンジの交換頻度次第?

 

我が家では特別期間を決めて交換はしてなく、へたってきたら交換にしています。
なので、我が家ではコスパ重視!
私としては初めに紹介したアクリルニットスポンジのがいいなと思いました。
ですが、交換頻度を決めていてガシガシ使いたい!と思う人にはハードスポンジがおすすめです。
雑菌の繁殖を少しでも抑えたい方にもハードスポンジはおすすめですよ。

洗剤ボトル、モノトーン化しました!
前回、ボトルが割れてしまったという記事を書いてから早...

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました