掃除や片づけに追われているママさん、「頑張らなくていいですよ」

家事のしすぎは「うつ病」のもと ライフスタイル

これまで掃除や片づけについてたくさん記事を書いてきましたが、とても大事なお話しがあります。
これは掃除や片づけ、ミニマリストさんにも言えることなのですが家事、一生懸命やりすぎていませんか?

掃除や片づけには様々な精神的効果があります。
私のようにハウスダストアレルギーの方なんかは掃除せずにはいられなくなりますよね。
でも、時に「掃除しなきゃ」「片付けしなきゃ」と言う気持ちがあなたを苦しめている可能性もあります。
以前お話しした通り私はうつ病を患っています。
少なからず家事が関係していることもわかっています。
掃除することが義務になっている方、今一度家事に対して考え直してみませんか?

 

「仕事」じゃないのに義務化している

 

まず、家事をやることは義務ではありません。
我々が生活する上で必要だと感じてやっているものです。
特に専業主婦の人は、「家にいるのだから家事をやって当然」と感じてやっている人も多いのではないでしょうか。
でも実はそんなことないのです。
それは世間一般のイメージで、誰も家事をやることは義務ではないのです。
大きくわけて

  • 掃除
  • 洗濯
  • 料理(1日3食)
  • 整理整頓

と、こんな感じの仕事がありますよね。
人によってはもっともっとあります。
これ、必ず毎日やらないとダメでしょうか?

私の体験談になりますが、「家事を義務にするとこんなことにもなっちゃうよ!」と言う1例をご紹介します。

スポンサーリンク

家事が自分を苦しめる?

 

専業主婦の人・理由はともあれ養ってもらって在宅の人、ご主人や同居人に対して「申し訳ない」という気持ちがありませんか?
私はあります。主人に対して病気がなければ外で働くのに。体調悪い日は家事をやってもらっている。
このことから少しでも動けそうな日は積極的に家事をこなすようにしています。
でも、そもそもこの考え方が間違っている・自分を苦しめる結果になっていたのです。

 

1.1日掃除しなくても誰も困らない

 

主人に言われた言葉です。
掃除機を毎日かけてフローリングの掃除をしたいのはあくまで私の都合
主人や娘は多少怠けていても気にはしていません。
でもこれを「専業主婦だから掃除ぐらいしておかないと」と思っていました。
私の中で子育て中の専業主婦であっても時間があるからその時間は主婦としての仕事をこなすことが当然だと思っていました。
でもこれって別に当然じゃないんですよ。
ただの思い込み・先入観です。
むしろ、無理にやっているとイライラもしてくるし主人にあたってしまうこともありました。

 

2.周りに振り回されない

 

今はスマホやPCで色々な家庭の一部を覗くことができます。
インスタグラム、ツイッター。ミニマリストさんが注目されている今、家を綺麗に保つことが当然のように思えてきたり、憧れ心が生まれてきます。
ですが、自分のキャパシティを見誤って出来る範囲を超えて家事をやっていたら?
もちろん長くは続きません。潰れてしまいます。
でも自分の中でルール化していたり・義務化されているとなかなか手を抜くことができなくなります。
「みんなやっているのに私はなぜ出来ないのだろう」
そんな風におもってしまうこともありました。

それ自体が間違っています。
他人と自分で違って当然なんです。
だから、片づけが苦手なのも別に普通なのです。

 

3.要するに「完璧主義者」

 

要するにこういった情報に左右されて自分の出来ることだけを行ったりすることの目安を立てられない人は「完璧主義」の人と言えるのではないでしょうか。
私は他人に言われて自分が完璧主義であることに気づきました。
こだわり続けたらずっとこだわることができる家事。
どこまでも追求してしまうため、自分の首を絞める結果になってしまいました。

 

 

家事に縛られてうつ病に

 

私はこれだけが原因ではありませんが、全体的に完璧主義で未解決を嫌う性格です。
なので、うつやパニック障害の方で身体が辛い時もなるべく家事をやるようにしていました。
私が家事をやらなくなったら主人に捨てられてしまう」という勝手な妄想からです。
主人からしたらとても迷惑な思考ですね。笑
でも、そういう思考になったらなかなか抜け出す事ができず自分の存在意義をみつけられなくなっていました。

何度か私の仕事を取り上げないで!とも思いました。笑
このままではいけないと自覚もしていたので家事に対する意識を変えることにしました。

 

 

1.家事は7割出来ていればOK

 

「もっと低くていい!」と思う方もいるかもしれませんが、私は7割くらいがちょうど良かったです。
例えば今日はお出かけだから掃除機かけなくてもいいか!とか、今日はもう疲れたからキッチン周りの掃除は明日にしよう。とか。
家事の手抜きができない人って気になっちゃうのが問題ですが、もうこれは気にしない!自分は疲れている!疲労を認めてあげましょう。
自分自身が勞ってあげない限り家事は永遠にタスクがあります。
区切りをつけてやることで、1日の負担が少し軽くなりますよね。
最初の時はなかなかこれが難しかったです。

 

なんでもこだわり過ぎるのは×

 

こだわりを持って生きるのはとても素敵なことです。
ですが、そのこだわりは家族のためになってますか?
自分よがりなこだわりになっていませんか?
私は圧倒的に自分よがりでだったので、主に主人には大きな迷惑をかけていました。(いや、現在進行形)
こだわりが強すぎて、無意識に他人へ強要してしまう領域にいたらレッドカードですね。笑

家事もいいけどほどほどに

 

家事のやりすぎ注意

 

掃除や洗濯をすることでスッキリとした気持ちになるのも事実で私はやっぱりやめることはできません。
というか、好きでやっているのでやめることはありません。
ですが、自分が潰れてしまうほどの家事は禁物。
「家事くらいでそんなになる?」と思われるかもしれませんが、子育てと並行しているので仕事量は膨大です。

家事ができるのはあなただけじゃありません。
どんどん周りを頼って生活していきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました