美味しいけど食べきれない!桃は「コンポート」にするのがおすすめ!

桃のコンポートの作り方 ライフスタイル

 

夏場、色々なところから桃が送られてきませんか?
桃は賞味期限がとても短いので箱で届いた時、ひたすら周りに配ってもまだまだある、、、!ってなりますよね。笑

我が家も今年はフレッシュで2ついただいて、残りの3つはコンポートにして日持ちさせる作戦に出ました!

桃のコンポート

 

桃のコンポート

 

今回私が作った桃のコンポート。
以前、赤紫蘇シロップを入れていた瓶がちょうど空いたので今回は瓶保存にしてみました。
桃のコンポートは、冷凍したりデザートやヨーグルトにかけていただくのもおすすめですよ!

 

美味しいけど箱で届くと消化できない

 

桃の最大の欠点です。
桃は日持ちしないので、なるべく早く食べてしまいたい果物。
でも箱だと消費って難しいですよね!
しかも我が家は桃を食べる人間が私だけ。笑
さらに、桃をたくさん食べられない「口腔アレルギー」なんです。

 

「口腔アレルギー」でも食べられる!

 

でも!コンポートにしてしまえば、加熱処理することになるので生酵素はしっかりと破壊されます。
そのため、口腔アレルギーの私でも好きなだけ桃が食べられるようになるのです!
コンポート万歳!

 

桃のコンポート*作り方*

 

今回は私が作った桃のコンポートの分量でご紹介します。

材料

  • 桃 3つ
  • お湯 桃が浸かるくらい
  • レモン汁 大さじ二杯
  • 砂糖 お好みで100-200g程度

 

桃から水分や糖分が出るので、その辺りを加味して作っていきましょう。

 

1.桃を8等分にする

 

あとで加工がしやすいように私は8等分にしました。
桃を剥く際、表面が少し柔らかくなっているものであれば桃の真ん中に包丁でぐるりと切り込みを入れてひねるだけで2つに割れます。
なかなか熟れてないと難しいですが。笑

我が家の桃はやや熟れていたので、全てひねりで取ることができました。
有名な桃の湯むき、これもこの場合は必要ありません。
8等分した桃の皮はペロンと指で剥くことができるのです。

 

2.桃を煮込む

 

桃を煮込む時は落し蓋をする

鍋に桃・水・レモン汁・砂糖を入れて煮込みスタート!
桃はとても柔らかく煮崩れしやすいので落し蓋をしておきましょう。

これでも美味しい桃のコンポートを作れますが、どうせなら色付けされたピンクのシロップにしたいですよね!
その場合、桃の種も一緒に煮込むと綺麗なピンク色になりますよ。

今回ながら作業で作ってしまったため、どれくらいの時間煮込んだのか計り忘れてしまったのですが
おおよそ1時間くらい煮込んで灰汁を取れば完成です!

3.粗熱がとれるまで放置

暖かいうちに瓶詰めにして粗熱が取れるまで置いておきましょう。
我が家の環境だと半日くらいの放置だったかと思います。
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしてください。

フレッシュの桃は日持ちしないから

 

桃のコンポート

フレッシュの桃だと長くて2-3日程度しか持ちませんが、コンポートにしてしまえば1ヶ月は冷蔵保存でも可能です。
またこのコンポートが上手に殺菌された状態で完成されれば最長で3年くらい保つそうです。

少し痛んできてしまった桃や、食べきれない桃は是非早めにコンポートにしてみてください!

 

夏に涼しげなドリンクはいかが?赤紫蘇ジュースの簡単な作り方!
自分で作るドリンク、家仕事ってちょっと憧れませんか?...
タイトルとURLをコピーしました