【外側編】温活してますか?エイジングと合わせてケアしたい身体の温め方法

ママと子育て

 

冬が近づいてくると気になるのは「乾燥!」
実は外気(冷気)よりも室内での暖房の肌ダメージが大きいことは御存知ですか?
私は寒さにはめっぽう弱いほうなので毎年暖房ガンガンでしたが、今年からは節約も意も込めて節電予定です。

ですが、寒いというのは変えられない!身体を冷やすのもいや!ということで最近流行っている「温活」について調べてみました。
温活はアラサー女性に必要な活動で、普段行っているエイジングケアに取り入れていきたい!と思うような効果ばかり!
そんな温活について・私がまっ先に取り入れた温活方法をご紹介します。

 

温活して得られる効果

 

 

現代人は昔の人に比べて基礎体温がやや低め
では体温が低いどんなデメリットがあるの?となりますよね。
体温が低いと、免疫力の低下や肥満。女性は生理不順や冷え性に悩まされることもあります。
暖房機能が手軽に使え、自分自身で温めなくとも外から温めることができるようになっているため、免疫がなくなり慢性的、生活習慣的な病気になりやすいようです。

ではでは、今回お話しする「温活」。
要するに自分自身で体温を上げよう!と言うことなのですが、どんなメリットがあるのかをお話します。

 

1.基礎体温を上げて脱冷え性

 

上でもお話したとおりですが、昔と現代では平均0.5度~1.0度くらい基礎体温に差があり実際私自身平均温度よりも1.0度低い平熱です。
そのため、体温の高い人に比べて常に体調悪そうな見ためですし、風邪もひきやすいです。

なので、私は「病気になりにくい身体作り」と温活をスタートしました。

 

2.妊娠しやすい身体作り

 

妊娠しやすい身体作りといえばまずは身体を冷やさない・温めること!
平熱が低いと妊娠しにくいのはもちろんのこと、生理不順にもなりやすいです。
特に子宮周り・腹部はしっかりと温めると直接内蔵を温めることができますよ。

 

3.肥満や生活習慣病対策

 

体温が低いと脂肪を燃焼しにくくなったり、血液の循環も悪くなってしまいます。
この状態の方は冷え性の方が多いかと思いますが、これも基礎体温をあげることで改善させることができるようです。

 

外側からの冷えとりはあったかアイテム

 

飲みものやたべもので内蔵から温める方法もありますが、今回は暖房に頼らずに身体を温めることができる(着用できる)あったかアイテムをご紹介!
普段私は家にいて、なかなか動かないのでこのようなアイテムがないと身体がカチコチになってしまいます。笑
デスクワークの方や専業主婦の方でもすぐに生活に取り入れられるアイテムばかりを揃えたので、温活が気になる方は要チェックです!

 

1.もこもこソックス&パンツ

 

 

いきなり私の写真ですみません。
秋頃撮った写真なので生足ですが、冬はこれにレギンス+もこもこソックスを合わせています。
化学繊維でできたもこもこ靴下はとても暖かいのですが、乾燥しやすいので要注意!
私は着用前にたっぷりクリームを塗っているので問題ないのですが、クリームを塗るのが面倒!という方は化学繊維ではなくコットン等素材からこだわったほうが良いかと思います。

 

 

 

2.カーディガンやパーカー

 

お出かけ用のニットですが、これもとても暖かい!
家にいるときはニットのポンチョを羽織りにしたりしています。
ニット素材のものは暖かいけど通気性も良いので、蒸れずに長時間着ていられるところが魅力。
流行りのもこもこルームウェアも通気性が良いので、お部屋で可愛く温活するのに向いています。

 

3.ブランケット

 

 

View this post on Instagram

 

ムースは北欧の人たちにとってはとても近しい存在、 ヒツジも昔は飼っていた家も多く、ベングト&ロッタは、身近な動物たちをKLIPPANのためにデザインして、世界中で大人気になりました。 今や北欧デザインアイコンになっている彼らのムース、ヒツジ、シロクマ、 動物への愛があふれています。 ギフトにも大人気、KLIPPANオリジナルギフトボックスも3サイズできました。 KLIPPANギフトのお求めはecomfort本店または全国のKLIPPAN正規取扱店にどうぞ。 KLIPPAN製品のお買い求めは、ecomfort本店または全国のKLIPPAN正規取扱店にどうぞ。 #KLIPPAN#クリッパン#ギフトボックス #プレゼント#ムース#ヒツジ#ベングトムース#スウェーデン#動物#ecomfort本店#KLIPPAN正規取扱店 #表参道#ひざ掛け#ベビーギフト

klippan_japanさん(@klippan_japan)がシェアした投稿 –


あれやこれやと試しても芯から冷えるときはブランケットの使用がいいです!
ここはもこもこニットではなく、ウール素材でがっちり防寒。
寒い北欧の地で生まれたウールのブランケットは、とても暖かくちょっとやそっとのことでは寒くなりませんし、保温効果もしっかりと体感できます。

化学繊維のものに比べて固めでお値段も高めですが、長く使用できて暖かさも比べ物にはならないので、是非1度試してみてください!

温活すると乾燥も気になってきます。
乾燥対策にはこちらの加湿器がおすすめ!

やっと購入!乾燥のこの季節に必須な加湿器&アロマウォーター購入しました!
とうとう我が家にも加湿器が!やってまいりました! ...

すぐに始められる外側温活!

 

たべものや飲みものでの温活は習慣なので即効性はなかなか感じられませんが、外側からの温活なら今すぐアイテムを揃えるだけで完成!
暖房に頼らずに過ごせれば肌もダメージを受けにくく、エイジングケアにも繋がるわたし的に冬の最高美容法

それこそ、エイジングケアの始め方・始め時がわからなくて…。という方はこの冬から温活で身体のエイジングケアをはじめてみませんか?

 

ちょっと待った!子育てに夢中になりすぎて自分のスキンケア忘れてない?
出産後、急激な肌の乾燥がありそこからインナードライな...

 

 

タイトルとURLをコピーしました