ヤニ汚れから消臭・殺菌まで!壁紙の汚れはアルカリ電解水におまかせ!

SNSパトロール

 

年末でなきゃやらないような壁の掃除!

どうやればいいのか、捲れたりシミになったり不安があるからやらない人も多い箇所ですよね。

壁についている汚れは基本的に酸性、油分です。

ということはアルカリ電解水を使用すれば汚れを落とすことができるということです。

今回はアルカリ電解水で壁を掃除する方法をご紹介します。

 

壁紙の汚れはアルカリ電解水がぴったり!

 

 

こちらは我が家で使用しているアルカリ電解水。

自分で希釈するタイプのアルカリ電解水なので掃除箇所に合わせて濃度を調節することができます。

詳しくはこちらの記事で紹介してます。

【覚え書き】ブリーズクリアの希釈方法【アルカリ電解水】
今SNSのお掃除マニアさんの間で大人気「アルカリ電解水」。 ...

 

私はフローリングと同じ12倍希釈で壁掃除をしました。

 

1.油分を分解してくれる

 

冒頭でも書いた通り、油汚れにとても強いアルカリ電解水。

壁の特にリビングは食事や調理で細かい油が壁についています。そこに埃が蓄積していくのでアルカリ電解水が得意とする酸性の汚れになります。

 

2.やに汚れにも効果あり!

 

実はヤニ汚れは油汚れと一緒って知ってましたか?

匂いまでスッキリ!とまでは行かないですが、ヤニ汚れはどの洗剤よりもアルカリ電解水が落ちるなと私は思います。

ゴシゴシこすらなくても取れるところが壁紙も手も痛めなくていいなと思います。

 

 

3.擦れ汚れにも

 

 

この壁に付いた黒い汚れ、毎日この辺りに人が当たってできた汚れです。

こんなよくある汚れもアルカリ電解水で一拭き!

 

 

真っ白な壁に戻りました。

蛍光増白剤が入った洗剤ではないので、しっかりと汚れを落としているということです。

 

壁紙の掃除方法

 

 

ここで、私の壁の掃除方法を簡単にご説明させていただきます。

今からでもすぐにできるようなものしか使ってないので是非やってみてくださいね!

 

1.高い場所はワイパーで

 

 

我が家は天井が高めなので脚立ではなかなか掃除は難しいです。

ですが、フローリング用ワイパーさえあれば高いところも楽々!

ガガーッと滑らせて天井は終了です。

 

2.擦れや目立つ汚れはピンポイント掃除

 

 

先ほどのような擦れ汚れは家の至る場所に存在します。

天井を掃除したあとは、そのシートで擦れ汚れもアルカリ電解水で落とします。

とっても綺麗になりますよ!

 

スポンサーリンク

 

手軽にサッと壁掃除

 

 

わかりにくいですが、これが我が家のリビングの汚れ。

定期的には掃除していますが、すぐに汚れてしまいます。

大掃除はモップじゃなく手でしっかりと圧をかけて掃除した方がきれいになるかも、、、?

 

 

【SNSパトロール】マルチクリーナー、色々あるって知ってる?
前回除菌スプレーの人気どころをまとめた記事に引き続き...
タイトルとURLをコピーしました