もらい物のタオル、タンスの肥やしになってない?塩素で脱色してスタメンタオルにしませんか?

ライフスタイル

 

年末年始に向けて新調する日用品もあるかと思います。
その中でも意外と揃えると高くつくのがタオル類!
我が家も大体1年で交換なのですが、毎回高いなぁと思っていました。
今回はまずタンスの肥やしになっているタオルのチェック→漂白して真っ白!統一感を損なわなくてタオル新調できるってよくない!?ってお話です。

年末年始でタオルを新調しよう

 

 

冒頭のとおり我が家は約1年交代でタオルを新調しています。
1年間使用したタオルは目に見えなくても雑菌がうじゃうじゃ…。
柄物を使用していると漂白剤も限られたものになってきますよね。
滅菌したい私は漂白タオルがいいと思い色々調べてみると、漂白タオルの人も結構いることが判明!
早速肥やしをチェックしてみました。

 

1.タンスの肥やしタオルがないかチェック

 

タンスの肥やしがないかチェックするのが最初のステップ。
厚手で大判なバスタオルは今回の漂白タオルには×。
綺麗に色を抜きたいので、なるべく薄手の通常サイズのバスタオルを選びました。

 

2.シンプルなカラーのみのタオル

 

柄物や濃い色ものは斑になりそうなので漂白タオルには×と判断。
我が家では薄いブルーのタオルが3枚あったので、そのタオルを漂白タオルにしましたが、ベージュ・グレー・ピンク等の淡いカラーだったら綺麗に抜けると思われます!

 

created by Rinker
ハイター
¥389(2019/09/19 02:58:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

タオルの脱色方法

 

 

これは意外と知られていないかもしれないのですが、塩素系漂白剤は真水~常温程度の温度が一番効果を発揮しやすい温度だそうです。
熱湯を使用してもその場合熱湯の効果で滅菌できますが、今回の脱色にはさほど効果はありません。

ということで、蛇口からひねった水道水でタオルを脱色していこうと思います!

 

1.バケツにタオルを入れる

 

 

バケツにタオルをいれます。先に水を入れていきましょう。
大体タオルが浸るくらいまで水を入れたらOKでしょう。

 

ちなみにバケツは娘のおもちゃ箱にしているオムニウッティの20L。
なかなかバケツは使うことがないので特別掃除用のものは用意せず使いたいときに娘から借りています。

 

 

2.ブリーチをたっぷり投入

 

 

ここでたっぷりと塩素系漂白剤を投入!
量は測っていないのでわからないですが、「これでもか!」ってくらいは入れました。笑
お風呂場でやっていたのですが、とてもひどい塩素の香りが充満しますので必ず換気しながら行ってください。

 

 

 

3.半日かけて動かしながら脱色

 

 

時間にして約半日、定期的に天地ガエシしながらお風呂場で放置。
3枚一気にやったので時間がかかりましたが、1枚だったらもっと早いかも?

 

4.洗濯洗剤でタオルを洗う

 

 

タオルの色がしっかりと抜けたら洗濯洗剤で通常とおりタオルを洗濯。
もしこの時点で色が抜けきっていなければ洗濯機に塩素水ごと入れて洗濯してみてください。
(このやり方だとタオルのダメージは大きいので注意してくださいね。)

 

5.斑がないことを確認して乾かす

 

 

色にムラがないことを確認したらなるべく風が当たるように干します。
撮影した日は天気が悪かったので部屋干しですが、天日干しのが更に白くなると思います。

 

私は真っ白が良いので定期的に塩素を使用しようと思っていますが、塩素が苦手な方や生地ダメージが気になる場合はセスキ炭酸ソーダで洗濯すると生地を傷めずに除菌できますよ。
https://www.kimishome.com/2018/08/eco-sesuki03.html

 

スポンサーリンク

真っ白タオルは漂白できる

 

私が今回タオルを漂白したのには理由があって、ホテルのタオルって真っ白で綺麗ですよね?
もちろん業務用ブリーチできっちりと洗濯したり蛍光増白剤を使用しているのでしょうけど、塩素系漂白剤が使える真っ白なタオルなら毎日気持ちよく洗濯できるなぁと思いました。

どうせタンスの肥やしになるくらいなら、真っ白にして私が理想とするホワイトの洗面所のアイテムとして活躍してもらえたらいいなと漂白してみました。

 

我が家は無印とオムニウッティがメインゴミ箱!新米ママさん必見!
ゴミ箱って生活感が出やすくて、インテリアの統...
タイトルとURLをコピーしました