寒い冬を300円で乗り切る!節約にぴったりな湯たんぽはダイソーでGET!

ライフスタイル

 

今年も本格的に寒くなってきましたね!
寒くなってくると家の暖房をつけて気になるのはやっぱり電気代…。笑
家族が揃ってる時は仕方ないけれど、一人の時や日中くらい節約したい!
そんな時に活用したいのが「ゆたんぽ」。でもゆたんぽって普通に買うと意外と高い商品です。
そこで!ダイソーで販売されている小さめのゆたんぽがモノトーンで可愛いのでおすすめしたいです。

ダイソーの湯たんぽカバーがモノトン可愛い!

 

 

実はダイソーのゆたんぽは2年ほど前から愛用させていただいているのですが、湯たんぽカバーがモノトーンになったのは今年が初めて!
毎年イエローやグリーン等のペールトーンカラーばかりだったので、これを見つけたとき思わずニヤッとしてしまいました。笑

 

1.モノトーン好きには堪らない配色

私は毎年ダイソーの湯たんぽカバーを買い換えているのですが、毎年このデザインだけは固定のようです。
先ほどもお話したようにカラーはその年ごとに変わるようで、もしかしたら来年はモノトーンカラーは販売されないかも…?
そう思ったら買わずにはいられずすぐに購入しました。笑

 

2.あったかふわふわ素材

 

ルームウェアでも大人気のもこもこ素材の湯たんぽカバーで、ルームウェアと合わせてもいいですよね!
見ためにも暖かいですし、そのまま置きっぱなしにしていてもすぐには湯たんぽだとは思わないくらい可愛いので、人の出入りがあるお家は特にいいと思います。

 

3.電気代の節約に

 

湯たんぽはダントツで節約向きなあったかアイテム。
着込むのも節約になりますが、動きにくいのが難点。
湯たんぽなら着込まなくても瞬時に暖かさを感じれるので節約したいなら絶対におすすめです。

 

ダイソーの湯たんぽについて

 

 

実はこの可愛い湯たんぽカバーの中身(湯たんぽ本体)もダイソーの商品なのです!
今や100均で湯たんぽが販売されているのですね、びっくり。
こちらはダイソーの200円商品なので厳密には100円商品ではないのですが、カバーと合わせてたったの300円(+tax)で真冬もあったかく過ごすことができます!

 

1.サイズはやや小さめ

 

 

雑貨屋さん等で販売されている湯たんぽに比べるとサイズはやや小さめ。
ですが、女性が持ち歩いたり使用するにはちょうどいいサイズ感なんじゃないかな?と思います。
私は足の間に挟んだり、おなかに当てたりするのでこのサイズがぴったりでした。

 

2.内容量420ml

 

内容量が少ないので(そもそも小さいので)温められる範囲は小さいですが、お湯を入れてもさほど重たくならないところが嬉しいですね。
おなかに乗せていても圧迫感は感じず、あたたかさだけをしっかりと届けてくれるので程よいと感じます。

 

スポンサーリンク

安くてあったかい、可愛いゆたんぽ

 

安い・可愛い・あったかいが揃ったダイソーの湯たんぽ、まだまだ寒さの本番まで時間がありますので家に備えておくのがおすすめ!
この値段ならお財布を気にせず家族分揃えることもできるし、子どもにはこのサイズ感がぴったりですよね。(やけどには十分注意してくださいね)
我が家でも家族分のダイソーの湯たんぽを用意して毎年冬を越しています。
寝るときの暖房が苦手な人も是非是非チェックしてみてくださいね!

【外側編】温活してますか?エイジングと合わせてケアしたい身体の温め方法
冬が近づいてくると気になるのは「乾燥!」 実は外気...

 

タイトルとURLをコピーしました