子供がいても大丈夫!お洒落インテリアに見せる必殺技

ママと子育て

 

お子様がいるお宅では、片付け問題ってなかなかつきないですよね…。
我が家も娘が大きくなってきて、家の中が荒れることが多くなりました。笑
片付けのお勉強も真っ最中ですが、もちろん上手にはできないので子どもでもできる片付け方法にチェンジ!
簡単ですぐに綺麗になる必殺技をご紹介します。

子どもがいると片付きにくい理由

 

子どもが片付けを御勉強中なのはもちろんなのですが、その他にも子どものものはそもそも片付けにくいという特徴があります。
そのポイントについて2つ例を上げさせてもらいます。

 

1.子どものおもちゃはカラフル

 

まず、子どものおもちゃはとってもカラフル!色彩感覚を養うためでもあるので、この辺りを親が制限してしまうのはよくないかな?と私はカラフルなものでもなんでも、本人が欲しい色のものを購入しております。
どうしても徹底したい!という人のためのおもちゃも販売されているので、そちらは別記事にご紹介させてもらいます。

2.形が揃っていない

 

丸や四角、大小も様々なものがおもちゃの特徴。
これも触った刺激などで感覚を養うためのもののようですね。
でも、こうなると収納は「整える」というのは至難の業。笑
そこはもう諦めてケースを用意して収納していきましょう。

 

私がおすすめする必殺収納術

 

我が家でも実践している必殺収納方法!
基本を押さえておけば何も迷うこともないし、子どもにも片づけのことで優しくなれるかも?

 

1.色数を減らすことに徹する

 

まず最初はここです。
ごちゃごちゃして見える理由として、色数が多いことが1番の理由だったりします。
大きな収納家具のカラーは3色以内に抑えるのがベスト!
では、必殺収納方法をご紹介します。

1.おもちゃ箱へ収納する

 

 

我が家で採用してのはこの方法。
オムニウッティ20Lにひたすらおもちゃを突っ込む!笑
IKEAのキッチンがホワイトメインなので、ホワイトのオムニウッティならぴったりなのでおもちゃ箱にしました。(元おむつペールです。)

おむつペールからおもちゃ箱だなんて臭いとれるのかしら?と疑問に思った方もいるでしょう。
私も悩んだポイントなので記事にしています。
よかったら参考にしてみてくださいね。

おむつペール使用のオムニウッティ、再利用は可能?
出産準備品の中でおむつペールとして人気の高いオムニウ...

 

 

2.目隠しできるケース付きの棚を使う

 

 

こちらはカラーボックスに引き出し式のプラスチックケースがついたIKEAのトロファスト。
SNSで子どものおもちゃ収納を探していると必ずと言っていいほど見かけます!
細々したものを自分で仕分けしながらお片づけを学んでいけるので私もいいなぁと思いました。
我が家は置ける場所がなかったので購入は断念しましたが、これならリビングでおもちゃを収納してもオシャレだしいいなぁとおもいます。

2.のれんをかけて目隠し

 

 

我が家は、キッチン収納でのれんを使用。
これが一番手っ取り早い方法ではありますが、見栄えはあまりよくないのが現実。
あからさまに「隠してます!」感が出るので私はあまりおすすめできません。
もしおもちゃ収納で目隠しを使用する場合、ツッパリでカーテン風にしておくと使いがってが良くなります。

おもちゃは減らすより隠す派

 

私は娘のおもちゃに制限は設けていません。
色も好きなものを、物も本人が気に入るものを。
おもちゃは娘の管轄、インテリアは私の管轄だと思っているので収納ケースだけは私の好みで選んでいます。
最近では自分でお片づけもするようになったので、リビングが雑多になりっぱなしなことは減りましたがまだまだ勉強中です。

子どものものは半分は諦めて、半分我を通すくらいが精神的にちょうどいいなと私は思ったので今の方法に至りました。
参考になれば幸いです。

世間はどこもかしこも出汁ブーム!贈りものなら「茅乃舎」がおすすめ
お歳暮の季節がやってきますが、お世話になったあの人に...

 

 

タイトルとURLをコピーしました